新入社員研修講座について

新入社員研修講座について

ある新入社員研修のサイトを見ますと、新入社員研修についての実績が掲載されています。

年間3万人以上の研修生を受け入れ、内容を良く理解できた、講師の教え方が良いと言った結果が96%にも上っています。

この講座を利用している企業や団体数は、年間580社以上で、業種としては、IT関連業、製造業、流通・サービス業、金融機関、広告宣伝業、外食産業、製薬会社、商社、官公庁、大学などです。

この講座の特徴としては、新入社員の傾向は毎年異なりますので、使用するテキストは毎年更新し、勉強は良くできるのですが、教えるまで動かないと言われている新入社員に対して、苦手と思われるポイントを具体的にわかりやすく書かれています。

200名を擁する講師陣は、ビジネスの現場を経験してきた方々で、社会人の先輩として新入社員にも理解しやすい形で教えてくれます。

この講座の主たる目的は、企業や団体のチームの一員として働くことができ貢献できること、社会のルールであるコンプライアンスを守ることとしています。

新入社員研修の基本的な行動の習得について

企業や団体に入って、まず、新入社員研修を受講することになるのですが、社会に出て、基本的な行動を取得する新入社員研修を受講することにより、社会人としてスムーズに仕事に入って行けることになります。

基本的な行動とは、ビジネスマナーの4つの行動として、相手に対しての挨拶、自己紹介、名刺交換から話し方、また電話での応対があります。

仕事の進め方の4つの行動として、上司や先輩からの指示を受け、報告や連絡や相談をし、計画や準備や時間の管理、実施した結果を踏まえた付きの仕事への取り組みが上げられます。

おすすめの新入社員研修

この研修は、即実践に活用できることを想定として、ビジネスの基本行動を習得することで、自信を持って入社後の第一歩を踏み出すためのものです。

研修に対する学びの姿勢としては、相手の期待を考えるということに重点を置いています。

プログラムとしては、出社しての元気な挨拶から始まり、自己紹介で自分を伝え、職場の電話に対して応対する時の基本と敬語の使い方、上司から仕事指示に対する進め方、報告・連絡・相談の仕方を終え、実際に自分の会社に電話して研修の受講の報告を行うことも実施しています。