生体用シリコーンの入れ歯コンフォートとは

永久歯 永久歯が抜けると、人間の口の中にはそれ以上歯が生えてきません。
歯がないと見た目だけでなく食事などの機能面でも困るので、多くの患者さんは歯科医院を受診して入れ歯を作ってもらいます。
初めての入れ歯はとりあえず健康保険が適用になるものにするというのが一般的です。

しかし、保険の入れ歯というのはプラスチック樹脂で作られているので口の中に入れると歯茎に当たって痛みが出てしまうというケースが非常に多いです。
調整してもなかなか慣れることができず、食欲まで失ってしまう患者さんもいます。
そこで、コンフォートという生体用シリコーンを入れ歯に活用したものが登場しました。

コンフォートに使われる生体用シリコーンは、歯茎に当たる内側の部分に使われています。
歯茎とプラスチック樹脂は当たると痛みが出てしまいますが、生体用シリコーンがあることでクッションの役割になり、痛みを感じにくくなります。
プラスチックがずっと当たっている場所は血流障害を起こしてしまいますが、そのような心配もありません。

さらに、シリコーンは吸着力があります。
吸着力により外れない入れ歯を作ることができるでしょう。
従来の入れ歯は粘膜の上にのせているだけで、吸着するという力はありませんでした。
そのため、顎を動かしたり、会話をすると自然と外れてしまうことがありました。
大きな口を開けて笑うと外れやすく、コミュニケーションにも問題を与えてしまいました。

コンフォートは外れない入れ歯です。
今までの入れ歯を使っている患者さんがコンフォートを使うと、その違いに驚くほどです。
生体用シリコーンは、部分入れ歯から総入れ歯まで患者さんのお口の状態に合わせて作ることができます。
顎の骨が少ない患者さんは、プラスチックの場合当たって痛みが出やすいですが、生体用シリコーンを使えば痛みも減ります。
痛くないのでよく噛め、食事も楽しめるようになります。

歯茎の血流障害も起こしにくくなるメリットにより、お口の中が健康な状態になるでしょう。
常に同じ場所が圧迫されると、歯茎が押されるので痛みを感じやすくなりますが、それを防ぐことも可能です。
コンフォートを使うことで、入れ歯の生活が快適になり、会話や食事と言った日常生活がより良いものになります。
今までの入れ歯に痛みがあったり、噛めないという悩みを抱えている患者さんは、コンフォートを試してみましょう。
悩みを解消できるサポートとなります。